ビジネス解読

半導体調達めぐる「中国包囲網」が強固に サプライチェーンに迫る危機 

米半導体大手エヌビディアによる英半導体開発大手アームの買収は華為技術(ファーウェイ)の半導体調達にさらなる打撃を与えそうだ(ロイター)
米半導体大手エヌビディアによる英半導体開発大手アームの買収は華為技術(ファーウェイ)の半導体調達にさらなる打撃を与えそうだ(ロイター)

 半導体をめぐる米国と中国の覇権争いが過熱する中、中国の半導体調達が危機にひんしている。トランプ米政権による華為技術(ファーウェイ)への半導体禁輸を背景に、各国の関連企業が打ち出すM&A(企業の合併・買収)や生産拠点の新設などで、中国包囲網がますます強固になっているためだ。米国の戦略の裏側には米国内の半導体生産能力の存在感低下への焦りがあるが、米国の技術面での優位は揺らいでいない。一方、中国は自国の半導体産業支援で対抗しており、今後もサプライチェーン(供給網)の混乱は必至といえる。