田村秀男の経済正解

「バイデン政権」機に日本は自国優先を

 米大統領選で、民主党候補のバイデン前副大統領が当選確実となった。最終的な決着はついていないが、菅義偉(すが・よしひで)首相もバイデン氏とのコンタクトを急ぐ。

 多様極まる階層の利害を担う民主党政権は、もっともらしい政策を並べてみては実行できず、内政も外交・安全保障も混乱させるきらいがある。

 そんな民主党政権とどう向き合うか。日米関係については通常、政治的側面から考えられがちだが、経済ことに金融面からみれば切っても切れない「同盟関係」にあることをまずは踏まえるべきだ。