経済インサイド

大手機械部品メーカー、滑走路不要の「空飛ぶクルマ」に熱視線

テトラ・アビエーションが開発した電動垂直離着陸型航空機「テトラ3」(同社提供)
テトラ・アビエーションが開発した電動垂直離着陸型航空機「テトラ3」(同社提供)

 ベンチャー企業による「フライングカー」や「空飛ぶクルマ」などと称されるeVTOL(イーブイトール、電動垂直離着陸型航空機)の開発に大手の機械部品メーカーや中小の製造業者が大きな関心を寄せている。新型コロナウイルスの感染拡大で需要が落ち込んでいる航空機などに代わる部品の供給先として期待。内燃エンジンを使わないなど既存の航空機との違いはあるが、培ってきた技術力を生かし、新たな市場に挑もうとしている。

 eVTOLは、一般的な航空機やヘリコプターと違い、滑走路が不要で騒音も少ないのが特徴だ。

 そのeVTOLをめぐっては、平成26年から開発を進めているベンチャー企業、スカイドライブ(東京都新宿区)の実験機が今年8月、愛知県豊田市での有人飛行試験に成功したほか、同じくベンチャーのeVTOLジャパン(東京都港区)も電動ヘリコプターの開発に乗り出している。