日曜経済講座

川辺川ダム建設へ 激甚化に備えた治水事業急げ 論説委員 井伊重之

 熊本県の蒲島郁夫知事が先月、川辺川ダムの建設容認を表明し、赤羽一嘉国土交通相に協力を要請した。学者から知事に転身した蒲島氏は、「脱ダム」を掲げて川辺川ダムの建設計画を白紙撤回したが、今年7月の九州豪雨により球磨川流域で大規模な氾濫が発生し、多くの被害者が出た。

 こうした事態を受けて蒲島氏は、球磨川の最大支流である川辺川へのダム建設を認める姿勢に転じた。当初は「ダムのない治水」を模索したが、ダム以上に費用がかかるなどの問題もあって具体的な対策は講じられなかった。とくに最近は地球温暖化の影響もあって豪雨被害が相次いでいる。ダム建設を含めて治水対策の抜本的な強化が問われている。