粂博之の経済ノート

電気自動車の「矛盾」 バッテリーづくりは環境にやさしくない

 各国・地域が競うように地球温暖化対策の強化を打ち出している。その中で最も重要な施策の一つが自動車の電動化で、核となる技術が蓄電池だ。競争を通じて高性能化と生産規模拡大が進展しそうだが、忘れてはならないのが新技術の普及には大量の天然資源が必要で、安定した十分な電力供給が前提ということだ。道筋を誤れば新たな環境汚染と格差拡大を引き起こしかねない。