西論プラス

春闘 コロナ下の今こそ賃上げを 経済部長 藤原章裕

集中回答日を迎え、各社の回答をボードに書き込む金属労協の担当者=17日午前、東京都中央区(代表撮影)
集中回答日を迎え、各社の回答をボードに書き込む金属労協の担当者=17日午前、東京都中央区(代表撮影)

 集中回答日を迎えた令和3年春闘は、新型コロナウイルス流行の第3波に伴う緊急事態宣言が出される中、基本給を底上げするベースアップ(ベア)はほとんどの企業で見送られ、ほぼ「ベアゼロ」で決着しそうだ。安倍晋三前政権の経済政策「アベノミクス」を受けて、平成26年以降、多くの企業で確保してきたベアは風前のともしびだ。コロナ禍で雇用維持を死守したい労働組合側はベアまで要求しにくかったようだが、東京証券取引所1部上場の製造業は意外にも好業績を確保するとみられる。経営側は景気回復に向けて、もっとベアを出しても良かったのではないか-。

労組が要求見送り

 「業績の顕著な企業では、賃金引き上げについて前向きな議論を期待する」