粂博之の経済ノート

大量廃棄せず売れ残りが最先端に ファッション業界の変革

在庫品や古着のコーディネートを紹介したステージ=3月7日、大阪市西区の京セラドーム大阪(ウィファブリック提供)
在庫品や古着のコーディネートを紹介したステージ=3月7日、大阪市西区の京セラドーム大阪(ウィファブリック提供)

 最新のファッションばかりを追うことに意味はあるのか-。そんな問いを投げかけるような試みが広がりを見せている。最先端のショーやネットショッピングでは前シーズンの売れ残りにスポットライトが当てられ、専門学校でも在庫品に手を加えて再利用する「アップサイクル」の授業が始まった。業界内でくすぶってきた大量生産・廃棄に対する批判と反省、レピュテーション(評判)リスクへの警戒感がじわりと強まってきたことが背景にある。

センスがあれば流行なんて関係ない

 4月に大阪市で開催された「2021 Best of Miss-OSAKA」。ミスユニバースジャパン、ミスグランドジャパンなどの大阪代表を決める大会で、ファッションセンスも重要なポイントだ。

 そんなイベントで、在庫品と古着だけのコーディネートを紹介する一幕があった。ステージに上がったのは、新型コロナウイルス禍で無観客開催となった前年のファイナリストたち。衣料品在庫の卸売り・仕入れサイト「スマセル」を運営するウィファブリック(大阪市)が衣装を提供した。