田村秀男の日曜経済講座

政策空白30年の末のコロナ不況 菅政権はワクチン接種100%の期日を明示せよ

 日本の新型コロナウイルスワクチン接種率が極度に低い。政府の不手際に批判が集中するのも無理はないが、待てよ。今回に限らず過去30年以上もの間、政治・政策は弛緩(しかん)してきたではないか。コロナ不況は政策の貧困を正すための解を得る奇貨とすべきだ。

 政府は平成バブル崩壊以降、国家の大局を見失い、足元に気を取られては政策の失敗を繰り返し、経済のパイを縮小させ続けてきた。