エンタメよもやま話

ユニクロもダイソーも真似る中国のチェーン店

Messenger

中国生まれの雑貨店チェーン「MINISO(名創優品=メイソウ、めいそうゆうひん)」が、ユニクロといった日本の有名ブランドをパクるといった節操のないビジネスを展開していると報じる2018年11月5日付の香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)電子版の画面

中国生まれの雑貨店チェーン「MINISO(名創優品=メイソウ、めいそうゆうひん)」が、ユニクロといった日本の有名ブランドをパクるといった節操のないビジネスを展開していると報じる2018年11月5日付の香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)電子版の画面

 今週ご紹介する「エンターテインメント」は、米国と激しい“貿易戦争”を展開する、あの国に関するお話でございます。

 産経ニュース2013年7月17日付の本コラム「ミニ・エッフェル塔まで…中国が『NY』『ロンドン』『パリ』の街並み… 中国に“パクリ街”が登場する真の理由とは…」

でもご紹介しましたが、人気のアニメキャラから巨大テーマパーク、果てはパリやニューヨークのマンハッタンといった世界的な観光都市まで、何でも同じ様なものを作ってしまうといわれている中国ですが、最近、新手の案件がアジア圏を中心に物議を醸しているというのです。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください