芸能界不祥事でお蔵入り映画を“強行”上映 夕張映画祭「問題提起したい」

Messenger

 監督や俳優らが引き起こしたとされる不祥事により、映画やテレビ番組などの上映・放送が中止されるケースが相次いでいる。こうした中、北海道で3月に開催される映画祭で、同種の理由で“お蔵入り”となった作品を上映することが公表され、国内外で波紋を広げている。主催者側は「問題を提起したい」と説明。「作品に罪はない」のか、議論が過熱している。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください