NHK常時同時配信実現へ ネットのみ世帯にも受信料新設か

 テレビと同じ番組を常にインターネットでも流すNHKの「常時同時配信」を可能とする改正放送法の成立で、放送とネットの融合は新たな段階に突入する。NHKのネット活用業務費は現行「受信料収入の2・5%」を上限としており、肥大化を懸念する日本民間放送連盟は上限の維持を求める。テレビ離れへの危機感を背景にNHKは長年の悲願達成に向けて大きく踏み出すが、ネット空間で存在感を高めるNHKに警戒する民放側も備えを進めるとみられる。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください