実録 韓国のかたち

第1部(1)文在寅政権はなぜ生まれたか 金日成主席と親交深めた音楽家

 7月7、8の両日、ドイツで開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議に向かう韓国の大統領専用機には一本の椿(つばき)の木が積まれていた。

 椿の木は、韓国南部慶尚南道(キョンサンナムド)統営(トンヨン)市で調達された。「高さは120センチ、外来種でないものが欲しい」と大統領府から市役所に電話がかかってきたのは3日。「対外秘」にしてほしいという注文も付けられていたという。

 「用途を言わず、急いで探してほしいといわれたのでどこに何のために使うのかわからなかった」(統営市公園緑地課長)

 八方手を尽くして探した3本のうち1本を大統領の文在寅(ムン・ジェイン)と夫人の金正淑(キム・ジョンスク)が選んで専用機に積んだ。