実録 韓国のかたち

第2部(1)晴れの日の演説 弾劾の材料に

 2014年3月28日。この日は韓国大統領(当時)、朴槿恵(パク・クネ)の人生でもっとも輝かしい一日となった。国賓としてドイツを訪問した朴は、「エルベ川の真珠」と呼ばれる旧東独の古都、ドレスデンで「韓半島(朝鮮半島)統一のための構想」と称する「ドレスデン宣言」を発表したのだ。

 ドレスデン工科大学で行われた演説で朴は、「ドレスデンはドイツの分断克服と統合の象徴。ドイツ民族はここ、ドレスデンを自由な空気が満ち、豊かさあふれる希望の都市に作りあげました」と切り出した。同大から名誉博士号を授与され、黒いガウンに身を包んだ朴は「ドイツは統一という大きな夢をかなえ、さらにはヨーロッパの未来すら変えた」とたたえた後、3項目からなる対北朝鮮基本政策を打ち出した。

【連載】実録 韓国のかたち