実録 韓国のかたち

第4部(2)「融和」欺瞞は70年前の“初の南北会談”から 文在寅が敬う独立の英雄はまんまと…

韓国側施設「平和の家」で韓国の文在寅大統領(右)と言葉を交わす北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=4月27日、板門店(韓国共同写真記者団撮影)
韓国側施設「平和の家」で韓国の文在寅大統領(右)と言葉を交わす北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=4月27日、板門店(韓国共同写真記者団撮影)

 北朝鮮が豊渓里(ブンゲリ)の核実験場を廃棄すると伝えられた4月21日。朝鮮労働党の機関紙、労働新聞に70年前に開かれた「南北朝鮮連席会議」を記念した新切手のイラストが掲載された。真ん中には右の手を高くあげ歓呼する群衆にむけ微笑む若き日の金日成(キム・イルソン)。その前には韓国で独立の英雄として尊敬される金九(キム・グ)が恭しい姿勢で立っている。金九は韓国大統領、文在寅(ムン・ジェイン)が深い敬意を示す人物だ。

 会議が開かれたのは1948年4月19日。南朝鮮(当時)からは41の政党・社会団体を代表する395人が参加したが、その代表的な人物が金九だった。

【連載】実録 韓国のかたち