シュライバー米国防次官補単独会見 米、中国海軍と海警、海上民兵の一体運用による尖閣奪取を警戒

Messenger

尖閣諸島の手前から南小島、北小島、魚釣島=沖縄・尖閣諸島(海上自衛隊の哨戒機P-3Cから、鈴木健児撮影) 

尖閣諸島の手前から南小島、北小島、魚釣島=沖縄・尖閣諸島(海上自衛隊の哨戒機P-3Cから、鈴木健児撮影) 

 【ワシントン=黒瀬悦成】シュライバー米国防次官補が21日、産経新聞との単独会見で東シナ海での中国海警局の公船や漁船に乗り込んだ海上民兵に対して厳しく対応していく姿勢を打ち出したのは、これらの勢力が実質的に中国人民解放軍の指揮下にあり、「非軍事組織」を装いつつ中国軍と事実上一体となって尖閣諸島(沖縄県石垣市)の奪取に動くことを強く警戒しているためだ。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください