矢板明夫の中国点描

台湾与党なぜ負けた 「蔡英文氏、猛省して」

台湾統一地方選の結果を受けて記者会見する蔡英文総統。民進党主席を辞任すると発表した=24日、台北市(共同)
台湾統一地方選の結果を受けて記者会見する蔡英文総統。民進党主席を辞任すると発表した=24日、台北市(共同)

 11月24日に行われた台湾の統一地方選で、蔡英文総統が率いる与党、民主進歩党(民進党)が、県、市の首長ポストを13から6に半減させ、大敗を喫した。蔡氏は同日夜、責任をとる形で党主席を辞任した。

 選挙で躍進したのは、「親中路線」を掲げる野党、中国国民党だ。蔡政権を目の敵にしている中国は早速、「台湾民衆が両岸(中台)の平和的発展がもたらす利益を望んでいることの表れだ」と“勝利宣言”を発表した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください