電話応対から「後継者」候補へ 「ファーウェイで最もすごい女」と評される孟晩舟容疑者

Messenger

孟晩舟容疑者の最高裁での審問を見守る支援者=11日、バンクーバー(AP)

孟晩舟容疑者の最高裁での審問を見守る支援者=11日、バンクーバー(AP)

 中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の副会長兼CFOの孟晩舟容疑者が米当局の要請によりカナダで逮捕された事件で、カナダ西部バンクーバーの裁判所は11日に孟容疑者の保釈を認める決定を下した。同事件は、貿易戦争で緊迫する米中間の新たな火種となっているが、孟容疑者の人となりについて中国内外のメディアが関心を寄せている。孟容疑者は華為の創業者の娘だが、それを公言せずに電話応対などの雑用からキャリアを始め、今では「後継者」との呼び声が高い存在にまでなった。

 「華為で最もすごい女性」。中国の経済メディア、金融界(電子版)は孟容疑者の華為における存在感をこのように形容する。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください