進む南北協力も本音は立腹? 金正恩氏の年内初訪韓も困難に

Messenger

 【ソウル=桜井紀雄】韓国で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が強い期待を示してきた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の年内ソウル訪問は困難だとの見方が高まっている。9月の南北首脳会談以降、北朝鮮にとって目に見えた実益はなく、「北朝鮮は文政権に立腹している」との証言もある。非武装地帯(DMZ)の監視所撤去の検証など順調に進んできたかに見える協力関係もほころびが隠せなくなっている。

 「南の学生らは異口同音に(金正恩)元帥は、統一の明るい未来を切り開く世界で最も強くて若い指導者だと激賞してやまない」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください