北朝鮮の海洋水産業は「戦闘」 違法操業で食料・外貨獲得狙う

Messenger

東海(日本海)地区の朝鮮人民軍の水産事業所を視察する金正恩朝鮮労働党委員長。日時は不明。朝鮮中央通信が1日報じた(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

東海(日本海)地区の朝鮮人民軍の水産事業所を視察する金正恩朝鮮労働党委員長。日時は不明。朝鮮中央通信が1日報じた(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

 荒波の日本海に出漁して優良な日本漁場を窺(うかが)い、遭難船の漂着で自治体を脅かす-。北朝鮮の木造船やその残骸による日本への被害が増大している。北朝鮮漁船が日本の排他的経済水域(EEZ)にある日本海の好漁場「大和堆(やまとたい)」周辺などで違法操業を行う背景には、海洋水産業を「戦闘」と位置づけ、国民を無理な漁に駆り立てて食料や外貨を得ようとする北朝鮮の政策がある。(加藤達也)

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください