金正恩氏は来るか来ないか 黒田勝弘

緯度経度
Messenger

5月26日、板門店で行われた会談で笑顔で抱き合う韓国の文在寅大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(聯合ニュース、AP)

5月26日、板門店で行われた会談で笑顔で抱き合う韓国の文在寅大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(聯合ニュース、AP)

 韓国の文在寅大統領にとって今年の点数稼ぎのハイライトになるはずだった金正恩朝鮮労働党委員長の年内ソウル訪問は、どうやら不発に終わりそうだ。一時は具体的な日程まで“特ダネ競争”するなど大騒ぎしていた韓国マスコミも、すっかり静かになってしまった。文大統領としては支持率アップの機会はしばらくなさそうで、いささかつらい年末だ。

 このところソウルでは「金正恩訪問近し」で賛否両派の集会があり、マスコミをにぎわしていた。保守派を中心に反対は当然としても、賛成派も学生グループなどが「金正恩称賛の集い」や「訪問歓迎団」を結成し、記者会見したりパフォーマンスをやったりでアピールに余念がなかった。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください