文在寅政権、日韓合意破棄したも同然に 慰安婦合意から3年

Messenger

11月21日、元慰安婦の支援団体が開いた集会で、財団解散を歓迎する参加者=ソウル(共同)

11月21日、元慰安婦の支援団体が開いた集会で、財団解散を歓迎する参加者=ソウル(共同)

 【ソウル=名村隆寛】慰安婦問題をめぐる日韓合意から3年、合意に従った日本側の着実な措置履行の一方で、文在寅政権の韓国は国家間の合意は認めつつも問題の解決は認めず、合意をほごにしている。

 日本政府による10億円の拠出を受け、朴槿恵前政権当時の韓国政府は2016年、元慰安婦のための「和解・癒やし財団」を設立。日本の拠出金は財団を通じ合意時点で存命だった元慰安婦の7割以上に支給された。だが、昨年5月の文政権発足で事態は一転した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください