文在寅氏、日本軽視の姿勢「政治争点化」と批判

Messenger

10日、ソウルの韓国大統領府で年頭会見を開き、報道陣の質問に応じる文在寅大統領(ロイター)

10日、ソウルの韓国大統領府で年頭会見を開き、報道陣の質問に応じる文在寅大統領(ロイター)

 【ソウル=名村隆寛】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、大統領府で行った年頭の記者会見で、いわゆる徴用工をめぐり韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた判決について、初めて外国メディアなどに自らの見解を語った。

 ただ、文氏は徴用工の問題について「韓国政府が招いた問題ではなく、歴史が作った問題だ」と指摘。問題の根源が日本による朝鮮半島統治にあるとの見解を示し、「日本の不法な植民地支配」を判決理由とした韓国最高裁の判決を支持する考えを見せた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください