失業率深刻な韓国のLOOK JAPANとは

世界を読む
Messenger

日韓の25-29歳の失業率推移

日韓の25-29歳の失業率推移

 「過去に青年失業問題を経験した日本は求人難まで発生しているのに、なぜわが国の青年失業率は持続的に高くなっているのか」-。韓国の中央銀行である韓国銀行(BOK)が昨年12月に発表したリポートの書き出しは切ない。悪化の一途をたどる青年失業率の打開策を、日本の雇用政策から模索するとの内容だ。日本の失業率改善の主因は安倍晋三政権が掲げる経済政策「アベノミクス」による景気回復だ。韓国は安倍政権批判を続けながら、雇用政策だけを取り入れることができるのだろうか。(石川有紀)

 BOKが発表した経済研究リポートは「韓国と日本の青年失業比較分析および示唆点」。それによると韓国では25~29歳の失業率が2000年から悪化し、2017年には9・5%に達した。一方、日本はバブル崩壊後の1990年代末から断続的な就職氷河期を経験したが、2017年には4・1%まで急速に改善した。

賃金格差が拡大

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください