環球時報に反論する

湯浅博の世界読解
Messenger

2018年12月29日、年末年始に読む本を紹介する安倍晋三首相(フェイスブックより)

2018年12月29日、年末年始に読む本を紹介する安倍晋三首相(フェイスブックより)

 よほど「全体主義」というフレーズが気に障ったのかもしれない。

 中国共産党の機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)が、筆者が書いた『全体主義と闘った男 河合栄治郎』(産経新聞出版)に「右翼の本だ」とかみついた。共産党が気に入らない批判者を右翼と決めつけるのはいつものことで、それが「全体主義の批判者」という意味ならば、その通りである。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください