久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ

歯止め失った韓国左派の反日エスカレート

Messenger

元従軍慰安婦の金福童さんの遺体が安置された葬儀場を弔問する韓国の文在寅大統領(韓国大統領府提供・共同)

元従軍慰安婦の金福童さんの遺体が安置された葬儀場を弔問する韓国の文在寅大統領(韓国大統領府提供・共同)

 レーダー照射問題、いわゆる徴用工問題をめぐる一連の判決、慰安婦財団解散-などの文在寅(ムン・ジェイン)政権による対日強硬路線を背景に、韓国国内の反日が加速している。ソウルの日本大使館前では元慰安婦の「告別式」が開かれ、ソウル市議会では「日本戦犯企業からの製品は不買とすべし」との条例案が提出された。反日団体や韓国与党など政治勢力の動きは3月に迎える「3・1独立運動100周年」に向けて活発化しており、韓国は反日色で染まりつつある。文政権は日韓関係をさらに悪化させたいのか。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください