イラン革命40年 「政教分離の理想、ホメイニが裏切った」初代大統領と会見 

Messenger
ホメイニ師の亡命先だったパリ郊外ノーフルルシャトーに建つ記念碑。住宅は撤去された。(三井美奈撮影)
ホメイニ師の亡命先だったパリ郊外ノーフルルシャトーに建つ記念碑。住宅は撤去された。(三井美奈撮影)

 【パリ=三井美奈】1979年のイラン革命後、初代大統領となったアボルハサン・バニサドル氏(85)がパリ郊外の自宅で産経新聞と単独会見した。革命の最高指導者ホメイニ師について「革命前、宗教は政治に関与しない原則に同意したのに、態度を変えた」と述べ、現在のイスラム共和制は権力闘争の結果だと指摘した。

 「あの日のことは忘れられない。見渡す限り、男女が集まってきた。熱気と希望で満ちていた」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください