新欧州分析

「韓国は存在認めて」 ライダイハンの悲痛な叫び

Messenger
ノーベル平和賞を受賞したナディア・ムラド氏(左)と英議会内で集会で「性暴力追放」を訴えたライダイハンのトラン・ダイ・ナットさん(右)と母親のトラン・ティ・ンガイさん=ロンドン市ウエストミンスターの英議会内(岡部伸撮影)
ノーベル平和賞を受賞したナディア・ムラド氏(左)と英議会内で集会で「性暴力追放」を訴えたライダイハンのトラン・ダイ・ナットさん(右)と母親のトラン・ティ・ンガイさん=ロンドン市ウエストミンスターの英議会内(岡部伸撮影)

 ベトナム戦争に参戦した韓国軍兵士らが数千人のベトナム女性に性的暴行を行い、女性が産んだ「ライダイハン」と呼ばれる混血児たち。その一人であるトラン・ダイ・ナットさんが訪問先の英ロンドンでインタビューに応じ、「求めているのは謝罪でも補償でもない。人知れず戦争のごみとされた混血児の存在を韓国政府に認めてほしい」と悲痛な思いを語った。(ロンドン 岡部伸)

■戦争の恥部 敵の子

 ベトナム語で「ライ」は混血、「ダイハン(大韓)」は韓国の蔑称を意味する。韓国兵とベトナム女性との間に生まれた子供はライダイハンと呼ばれ、ベトナムに5000人から3万人存在するとされる。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください