「朝鮮人7500人殺害された」文在寅大統領、演説で指摘

Messenger
日本の併合時代に起きた3・1独立運動から100周年となったのを記念する式典に参加した韓国の文在寅大統領(中央左)と金正淑・大統領夫人(右)。中央の白い服の女性は「慰安婦」のリ・ヨンス氏=1日、ソウル中心部(ロイター)
日本の併合時代に起きた3・1独立運動から100周年となったのを記念する式典に参加した韓国の文在寅大統領(中央左)と金正淑・大統領夫人(右)。中央の白い服の女性は「慰安婦」のリ・ヨンス氏=1日、ソウル中心部(ロイター)

 【ソウル=名村隆寛】1919年に日本の朝鮮半島統治に抵抗して起きた「三・一独立運動」の100周年に当たる1日、韓国ソウルで記念式典が行われた。

 ソウル中心部の光化門(クァンファムン)広場で開かれた式典で演説した文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「当時、7500人の朝鮮人が殺害され、1万6千人余りが負傷し、逮捕・拘束者は4万6千人余りに達した」と指摘。「親日の残滓(ざんし)清算はあまりにも長らく先延ばしにされた課題だ。誤った過去を省察して共に未来に向かえる」と述べた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください