ロシアを読む

「アニメ風」宗教画で論争 芸術か、それとも侮蔑か

Messenger
アニメ・イコンの一例(ロシアのSNSフコンタクテから)
アニメ・イコンの一例(ロシアのSNSフコンタクテから)

 キリスト教の三大分流の一つ「東方正教会」の大国ロシアで、キリスト教史上の聖人や出来事が描かれた「イコン」(聖像画)を日本のアニメ風にアレンジすることの是非をめぐり、議論が起きている。ロシア正教会側は「信仰心を害する」などと不快感を示し、国営メディアも治安当局が作成者らの摘発などに乗り出す可能性を示唆。一方で、「製作者側に悪意は感じられず、法的対処は望ましくない」との見方を示す専門家もいる。アニメやコスプレなど日本文化が人気のロシアで、事態の推移に注目が集まっている。(モスクワ 小野田雄一)

■1万人超がフォロー

 キリスト教の初期段階から作られてきたイコンは、特に東方正教会で技法が発達。教会内に掲げられる大型のものから、家庭での祈祷(きとう)に用いられる小型のものまであり、信仰の対象物となっている。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください