蔡英文氏のインタビュー詳報「中国に誤った判断させない」

Messenger
台北市内の総統府で、産経新聞の単独取材に応じる蔡英文総統=2月28日(田中靖人撮影)
台北市内の総統府で、産経新聞の単独取材に応じる蔡英文総統=2月28日(田中靖人撮影)

 台湾の蔡英文総統は産経新聞との単独インタビューで、慎重に言葉を選びつつも日本との連携強化や、国際社会における存在感の発揮に強い意欲を示した。取材時間は予定の時間を大幅に超えて2時間弱に及び、中国や米国との関係、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)、朝鮮半島の非核化などテーマは多岐に及んだ。

 取材時の発言詳細は以下の通り。

挑発せず全世界に説明

 --米中は「新冷戦」の関係に入ろうとしているが、台湾にどのような影響をもたらすか。台湾は地域の不安定要因にならないことと、存在感を高めることのどちらを優先するのか

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください