安倍首相に決断求める 日台の制約乗り越え 蔡英文総統単独インタビュー

Messenger
2011年、台湾安保協会が台北で開催した国際シンポジウムで顔を合わせた蔡英文氏(中央)と安倍晋三氏(右から2人目)ら(羅福全氏提供)
2011年、台湾安保協会が台北で開催した国際シンポジウムで顔を合わせた蔡英文氏(中央)と安倍晋三氏(右から2人目)ら(羅福全氏提供)

 【台北=田中靖人】台湾の蔡英文総統は産経新聞との単独会見で、日台の安全保障・サイバー対話を呼びかけた際、安倍晋三首相の政治決断を求めた。正式な外交ルートがなく窓口機関を介した間接的な関係しかない日台間の制約を乗り越えるため、あえて首脳間での“直接要請”に踏み込んだ形だ。