李登輝秘録

第1部 虚々実々の両岸関係(1)中国共産党から極秘電話

「ミサイル発射、慌てるな」

 戦後の台湾で、共産党の中国と対峙(たいじ)する一方、独裁的だった国民党政権を、内部から民主化した元総統の李登輝(り・とうき)。一滴の血も流すことのなかった「静かなる革命」と称された。日本統治時代の台湾に生まれ、京都帝国大学(現・京大)に学び、「22歳まで日本人だった」と話す。今年1月に満96歳となった李の人生を通し、日本や台湾、中国、米国などが複雑にからみあう東アジアの現代史を見つめ直す。(敬称略)

 「2、3週間後、弾道ミサイルを台湾に向け発射するが、慌てなくていい」

 台湾はすでに真夏を迎えていた。1995年7月初めのこと。台北市内の曽永賢(そう・えいけん)(1924年生まれ)の自宅に1本の電話がかかってきた。曽は、このとき現職総統だった李登輝(1923年生まれ)を総統府で補佐する「国策顧問」だった。

 通話はすぐ切れた。発信地は不明。だが曽は、中国共産党トップ層からの「極秘伝言」だと理解した。

 曽は90年代初めから李の指示で、敵対する共産党のトップや幹部と、2000年まで極秘裏に接触を続けた台湾側“密使”の一人だったと証言している。電話はその接触相手だった。

 電話の前月、6月7~12日に李が、農業経済学で1968年に博士号を得た米ニューヨーク州のコーネル大学から招かれ、「台湾の民主化経験」について講演したことに中国は強く反発した。武力行使も辞さない姿勢で、台湾海峡は緊張感に包まれていた。79年1月に米国は中国と国交を結んで、台湾と断交していた。

 電話を切った曽は急いで総統府に向かった。戦前の日本統治時代、ちょうど100年前の19年3月に落成し、現在も使われる重厚な建築物だ。噴き出す汗をぬぐいながら3階の李の執務室に駆け込んだ。

【特集:李登輝秘録】第1部 虚々実々の両岸関係]記事一覧はこちら

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください