ソウルの日本大使館、建築許可取り消し 延期申請しない日本に韓国で広がる臆測と波紋

建て替えが計画され、更地となっているソウルの日本大使館の敷地。道路を挟み手前側に慰安婦問題を象徴する少女像が設置されている=10日(共同)
建て替えが計画され、更地となっているソウルの日本大使館の敷地。道路を挟み手前側に慰安婦問題を象徴する少女像が設置されている=10日(共同)

 【ソウル=名村隆寛】老朽化のため建て替え作業が進められていた在韓国日本大使館の建築許可が、地元自治体のソウル市鍾路(チョンノ)区によって3月から取り消し状態となっている。同区関係者は、着工を促していたが日本大使館側が許可の延期申請をしなかったため、同月4日に許可を取り消したと説明。韓国紙などは、大使館前に慰安婦像が設置されたままになっている問題などとの関連を指摘している。

 日本大使館は建て替えのため、2015年3月に建築許可を受け、現在は隣接するビルに一時移転し業務に当たっている。当初の計画では、20年に新たな大使館が完成する予定だった。建築を延期する場合は2年ごとに申請が必要で、大使館は17年3月に延期を申請していた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください