李登輝秘録

第2部 日本統治下に生まれて(1)22歳まで「日本人だった」 明治政府は教育から始めた

産経新聞の取材に応じる台湾元総統の李登輝=2017年10月6日(河崎真澄撮影)
産経新聞の取材に応じる台湾元総統の李登輝=2017年10月6日(河崎真澄撮影)

 明治後半から大正を経て第二次世界大戦が終結した昭和20(1945)年までの50年間、台湾は日本の統治下にあった。李登輝(り・とうき)は、台湾社会の構造や人々の生活様式が日本化されつつあった大正12(1923)年に生まれた。旧制の台北高等学校から京都帝国大学(現・京大)に進み、日本式の教育を受けた。戦後の台湾で総統に上りつめた李の、日本統治時代を通じた人間形成の軌跡をたどる。(敬称略)

 「22歳まで日本人だったんだ。ここまでね」

 李は満面の笑みを浮かべながら、右の手のひらを水平にして、首まで持ち上げてこう話した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください

【李登輝秘録】記事一覧