久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ

仲介者は文在寅氏からプーチン氏に交代、金正恩氏は失地回復か

ロシアのプーチン大統領(右)の出迎えを受ける北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=25日、ロシア・ルースキー島(ロイター)
ロシアのプーチン大統領(右)の出迎えを受ける北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=25日、ロシア・ルースキー島(ロイター)

 露朝首脳会談で金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とプーチン大統領の利害が一致した。金正恩氏は北朝鮮の代弁者を獲得し、プーチン氏は存在感を誇示するとともに対米カードを手に入れた。ロシアが参戦したことで、非核化に向けた交渉プロセスは「日米」VS「中朝露韓」の構図が鮮明となり、2月末のハノイでの米朝首脳会談で失態をみせた金正恩外交は、いったん失地回復した格好だ。

「北朝鮮は草を食べても核放棄しない」

 プーチン氏は首脳会談後の記者会見で、非核化には北朝鮮の「体制の安全の保証」が必要だと強調した。そして「圧力は効果がない。北朝鮮は安全だと感じない限り、草を食べてでも核の計画は放棄しない」とも述べた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください