米中貿易協議 決裂リスク高まる トランプ氏、関税引き上げ「喜んで」 中国も対抗の構え

ホワイトハウスを出発するトランプ米大統領=8日、ワシントン(ロイター=共同)
ホワイトハウスを出発するトランプ米大統領=8日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン=塩原永久】中国への制裁関税強化を発表したトランプ米政権が、9~10日にワシントンで開かれる閣僚級貿易協議を前に、交渉決裂も辞さない強硬姿勢を貫いている。トランプ大統領は8日、中国の姿勢を批判するとともに対中関税引き上げをためらわない態度を表明。底堅い米経済への自信を背景に、米中対立が激化しても、経済失速に耐えられなくなるのは中国だと読んでいるもようだ。一方の中国も対抗する構えで、米中が高関税を発動しあった昨年の対決路線に逆戻りするリスクが高まっている。

 「中国が交渉を台無しにした。もし合意できなければ中国は関税を払うことになる」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください