久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ

韓国は対北制裁の「穴」 石油供給の疑い、米は厳しい目

北朝鮮・平壌の老舗冷麺店「玉流館」で開かれた昼食会で乾杯する、韓国の文在寅大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(中央)=2018年9月19日(平壌写真共同取材団)
北朝鮮・平壌の老舗冷麺店「玉流館」で開かれた昼食会で乾杯する、韓国の文在寅大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(中央)=2018年9月19日(平壌写真共同取材団)

 米朝の非核化協議が中断し、北朝鮮が短距離ミサイルとみられる飛翔体を発射するなどの挑発を始める中、米高官が続々と訪韓している。国務省のビーガン特別代表が今週、訪韓して米韓作業部会を開いたのに続き、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が今月28日にも訪韓する予定だ。物別れに終わったハノイでの米朝首脳会談後の情勢を分析するとともに、人道支援や制裁緩和ばかりを主張する韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権にクギを刺す狙いがあるとみられる。北朝鮮に対する制裁包囲網で、韓国が中国並みの「穴」とみられている現状に、米国は強い警告を発するもようだ。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください