朝鮮半島を読む

保守封じ込めに躍起の文在寅政権

韓国の文在寅大統領(AP)
韓国の文在寅大統領(AP)

 韓国大統領に就任して2年が経過した文在寅(ムン・ジェイン)氏。2017年の大統領選で、文氏は盛んに「国民統合」を強調していた。保革の理念対立や地域対立、貧富の格差などを解消させ、国民の融合を図ろうというものだ。ところが来年4月の総選挙に向け、早くも選挙モードに入った文政権が保守政権誕生を阻む戦略に出て、国を分断しかねない事態になっている。

 大統領就任直後の文氏の支持率は84・1%だった。朴槿恵(パク・クネ)前大統領の退陣を求めるロウソク・デモを受けて誕生した文政権に対する国民の期待はそれだけ大きかった。昨年6月の米朝首脳会談をめぐっては、文氏が米朝間の仲介役を果たし、対北政策では国民の評価も高かった。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください