解読

文大統領の対日論理とは ソウル支局長・名村隆寛

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、6月末の大阪での20カ国・地域(G20)首脳会議で安倍晋三首相と会談したい意向だという。ただ、文氏が「非常に重要で未来志向的に発展していくべきだ」とする日韓関係は、歴史問題の韓国側の蒸し返しにより最悪の状態だ。相矛盾する文氏の対日論理を読み解く。

 ■変えられない歴史認識

 文氏は今月、就任2年に際し韓国KBSとのインタビューで「訪日を機に安倍晋三首相と会談できればよい」と述べた。ただ、韓国側の慰安婦問題の蒸し返しで過去最悪だった日韓関係は、昨年10月末、いわゆる徴用工訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じたのを機に一層悪化した。日本側の抗議にも、再度の最高裁の確定判決や日本企業の資産差し押さえで、韓国は日本を刺激し続けてきた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください