天安門事件30年 民主化への遺産

(3) コーラ飲み自由語った

天安門事件から半年後の平成元(1989)年12月、東京都千代田区の産経新聞本社を訪れたウアルカイシ氏
天安門事件から半年後の平成元(1989)年12月、東京都千代田区の産経新聞本社を訪れたウアルカイシ氏

 1989年4月18日の北京・天安門広場。精悍(せいかん)な顔立ちの学生が拡声器を手に演説を始めた。大きな声が次第にかすれていく。それが演説にすごみを与えた。

 北京師範大1年のウアルカイシ(21)。少数民族のウイグル族出身で漢族とは異なる容貌だが、それも魅力の一つといえた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください

【天安門事件30年 民主化への遺産】記事一覧