米中、安全保障でも非難の応酬 対立鮮明に

アジア安全保障会議で演説する中国の魏鳳和国務委員兼国防相=2日、シンガポール(共同)
アジア安全保障会議で演説する中国の魏鳳和国務委員兼国防相=2日、シンガポール(共同)

 シンガポールを舞台に米中が火花を散らす展開だった。5月31日に始まったアジア安全保障会議で、米国が南シナ海の軍事拠点化などを強く非難すれば、中国は即座に会見を開いて反論した。「自由で開かれたインド太平洋」を推進する米国と、摩擦を抱えつつも周辺地域を巻き込んで勢力拡大を狙う中国。会議は安全保障面での米中の溝を改めて浮き彫りにした。

 まず口火を切ったのは米国だった。シャナハン国防長官代行が1日午前の講演で、南シナ海に加え、巨大経済圏構想「一帯一路」を通じて相手国に巨額の債務を負わせる手法を挙げ、中国の対外政策を非難。その上で「過去の人たちはそうではなかったが、私は中国の行動を座視しない」と発言し、覇権主義的な動きへの強い警戒感を示した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください