久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ

北朝鮮の英雄を称賛 文在寅大統領の奇怪な歴史認識

韓国の文在寅大統領(ロイター)
韓国の文在寅大統領(ロイター)

 韓国では朝鮮戦争で戦死した兵士らの英霊を悼む「顕忠日」(6月6日)が国家記念日だが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は今年の追悼演説で、こともあろうに朝鮮戦争での功労で北朝鮮から勲章までもらった人物を称賛した。戦死者遺族のほか、学会や世論も「大統領の奇々怪々な歴史観」にあ然で、有力紙は社説で「地に眠る英霊たちが痛哭するだろう」と書いた。大統領はこの人物が抗日運動で名を馳せたテロリストで、抗日軍事組織「光復軍」の副司令官だったことが気に入っているらしい。ただ、その歴史認識は歪曲だらけなのである。

北朝鮮に渡った独立運動家

 文大統領が持ち上げたのは、日本統治時代に田中義一陸軍大将暗殺未遂事件などを起こしたテロ集団「義烈団」や、中国の抗日軍事組織「朝鮮義勇隊」を作った金元鳳(キム・ウォンボン)という人物。武闘派の独立運動家にして共産主義者だが、韓国人にとっては「裏切り者のテロリスト」(保守派ジャーナリスト)なのである。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください