李登輝秘録

第3部 政治弾圧時代の苦悩(10)政治の帝王学 蒋経国から学ぶ

台湾・行政院長の蒋経国(手前右)から記念品を受け取る政務委員の李登輝=1970年代(李登輝基金会提供)
台湾・行政院長の蒋経国(手前右)から記念品を受け取る政務委員の李登輝=1970年代(李登輝基金会提供)

 1972年6月に台湾の行政院長(首相に相当)に就任した蒋経国(しょう・けいこく)は、同時に李登輝を農政担当の政務委員(大臣)に抜擢(ばってき)した。

 ただ、後に総統になった李を総統府国策顧問として補佐した曽永賢(そう・えいけん)(1924年生まれ)によれば、「入閣時から李登輝は中国国民党政権の中で四面楚歌(しめんそか)」だった。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください

【李登輝秘録】記事一覧