アメリカを読む

相次ぐUFO情報、米軍が調査 「宇宙人」には踏み込まず

5月、航空ショーで曲芸飛行を披露する米空軍機(ロイター)。パイロットが未確認飛行物体を目撃したとの報告が相次いでいることを受け、米軍が情報収集に乗り出した
5月、航空ショーで曲芸飛行を披露する米空軍機(ロイター)。パイロットが未確認飛行物体を目撃したとの報告が相次いでいることを受け、米軍が情報収集に乗り出した

 近年、米軍パイロットが正体不明の飛行物体に遭遇する事案が相次ぎ、米海軍が情報収集に乗り出すことになった。当局はあくまで「宇宙人」によるものとは考えていないとしているが、議会の一部にも目撃情報について報告が行われた。果たして、未確認飛行物体(UFO)の正体が明らかにされるのか-。

(ワシントン 住井亨介)

極秘飛行テスト?

 米CNNテレビ(電子版)などは4月、米海軍が、UFOを目撃したパイロットが情報を報告する手順などをまとめた指針づくりを進めていると伝えた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください