久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ

「反日スクラム」目指す文在寅政権 敵だった経済界にもすり寄り

大統領府高官らとの会議で発言する韓国の文在寅大統領(左端)=8日、ソウル(聯合=共同)
大統領府高官らとの会議で発言する韓国の文在寅大統領(左端)=8日、ソウル(聯合=共同)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、日本の輸出規制強化について、「対抗措置を取る」と明言した。日韓の事務レベル協議で韓国は日本に規制撤回を強く要求し、世界貿易機関(WTO)への提訴を通じて国際社会に「自由貿易の原則」を訴える。韓国の輸出管理体制を問題視する日本側の主張を聞く耳はなく、むしろ国内向けに日本への不信感を広めようとしているようだ。貿易問題を機に、文政権は敵対してきた保守系野党や財閥までをも「反日スクラム」に組み込もうとしている。

拡大解釈し反発

 「日本が政治的目的のため、何の根拠もなく対北制裁と関連付ける発言をしたのは望ましくない」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください