解読

いつまで続く米中「新冷戦」 中国総局長・藤本欣也

会談に臨むトランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席=29日午前、大阪市(ロイター)
会談に臨むトランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席=29日午前、大阪市(ロイター)

 ■カギ握る台湾 習指導部、毛沢東の「持久戦」へ

 6月下旬の米中首脳会談を受けて両国の貿易戦争は一時休戦したが、米中は今や人権、安全保障分野でも対立を深めている。“新冷戦”とも称される両国の全面対決はいつまで続くのか。習近平国家主席は毛沢東張りの持久戦に持ち込む構えだが、台湾問題が波乱要因として浮上してきた。

                   

 ◆おもてなししたが…

 2017年11月9日付の中国共産党機関紙、人民日報の1面を飾った写真がある。北京中心部に広がる故宮(紫禁城)の太和殿をバックに習夫妻とトランプ米大統領夫妻が写っている。習氏はにこやかな表情だ。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください