韓国の「反日」デモは親北団体が主導 正恩氏礼賛、違法行為も

 【ソウル=桜井紀雄】韓国にある日本のテレビ局の支局や三菱重工業の系列会社が入った建物に7月、不法に押し入り、デモを行った大学生らが、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を礼賛する集会を主催する団体に所属していたことが31日、捜査関係者らへの取材で分かった。他の親北団体も反日デモを主導。違法行為も辞さない過激な反日デモと親北団体の深い関連が浮き彫りになった。

 団体は「韓国大学生進歩連合(大進連)」で、所属する大学生ら3人が7月25日、ソウルにある地元テレビ局の社屋に入居するフジテレビ・ソウル支局内に侵入。横断幕を広げて「支局を閉鎖しろ」などと叫び、同社のロゴを破ったり、外で旭日旗に火を付けたりするパフォーマンスを行った。文在寅(ムン・ジェイン)大統領を批判した同テレビ局関係者の主張に反発したもので、デモの様子を撮影した動画がインターネット上に拡散した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください