欧州を読む

大使守らなかったジョンソン首相 「トランプ氏無能」メール流出が占う英の未来は「対米依存」か

トランプ米大統領を「無能」などと評するメールや極秘公電が流出したダロック前駐米英国大使(AP)
トランプ米大統領を「無能」などと評するメールや極秘公電が流出したダロック前駐米英国大使(AP)

 英国で7月、トランプ米大統領を「無能」などと評する駐米大使のメールや極秘公電が流出し、大使が責任をとって辞任する前代未聞の事案が発生した。英政府や外務省が火消しに追われたほか、ロンドン警視庁が流出元を探る捜査を開始するなど国内が混乱。問題は、大使をかばわなかったジョンソン首相の姿勢から、英国が米国に傾く未来を示すことにもなった。(ロンドン 板東和正)

最悪のタイミング

 「よりによって、このタイミングで起こるとは…」

 7月6日。英外務省の関係者は頭を抱えたという。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください