日本批判の根拠揺らぐ韓国・文政権 対日“報復”措置の狙いは日本との協議

会議で発言する文在寅大統領=13日、ソウルの大統領府(韓国大統領府提供・共同)
会議で発言する文在寅大統領=13日、ソウルの大統領府(韓国大統領府提供・共同)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国政府は、日本が輸出管理上の優遇対象からの韓国除外を決めたことへの事実上の“報復”として、ほぼ同様の措置を取る方針を打ち出した。目に見えた日本への措置を望む世論に押された形だが、日本を非難してきた韓国が主張のよりどころを失うことも意味する。日本への打撃が小さい半面、韓国企業に損失を与える措置との指摘も出ている。

 韓国産業通商資源省が12日に優遇対象からの日本の除外を発表した記者会見では「日本の措置とどう違うのか」「日本の不当性を非難してきた立場に反するのではないか」という点に記者からの質問が集中した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください