実録 韓国のかたち

第2部(5)朴VS文ら左派の死闘-TV討論会で「血はごまかせない」と面罵、スパイ映画並み世論操作疑惑も

敵意むき出しで「覚えておきなさい、私はあなたを落選させるために出た」

 2012年の韓国大統領選挙は左派・進歩勢力と保守勢力がそれぞれの存在をかけた戦いとなった。

 当初、左派・進歩系からは民主統合党の文在寅(ムン・ジェイン)、進歩正義党からは沈相●=女へんに丁=(シム・サンジョン)、統合進歩党からは李正姫(イ・ジョンヒ)、無所属の安哲秀(アン・チョルス)らが立候補したが、土壇場で野党側は候補一本化へ傾いた。

 12月4日、大統領候補者による第1回目のテレビ討論がおこなわれた。朴槿恵(パク・クネ)は裏では文との候補一本化を進めながら討論会に出てきた李にこう言った。

【連載】実録 韓国のかたち